• 企業・団体のみなさまへ
  • 個人・グループのみなさまへ
  • ご参加いただいているみなさまへ
  • トップ >
  • 荒川クリーンエイドって?

 

Clean(きれいにする)+Aid(助ける)

『クリーンエイド』は”クリーン”+”エイド”の造語です。
荒川クリーンエイドは、河川敷の様々な場所で、様々な人たちがごみを拾いながら、河川ごみや水質、自然回復などの問題を考えて、豊かな自然を取り戻そうとする活動です。河川ごみは社会課題として捉えられています。

活動1
ライン

年間約100会場、10,000人参加を達成

荒川クリーンエイドは、自治体、企業、学校、市民団体など様々な団体が「実施団体」として参加者を募り、秋のクリーンエイド月間を中心に各会場(各地)で主体的にごみ拾いをします
活動範囲は、上流の秩父市から東京湾の葛西海浜公園東なぎさまで広がり、その数は年間で100会場以上、1万人以上が参加する活動です。

ライン
特徴
ICCの調べるごみ拾い

各会場で、参加者はごみを数えながら拾います。
集めたごみは沿川市区町村や国土交通省荒川河川事務所などと連携して処理をします。集計したデータはNPO法人荒川クリーンエイド・フォーラムが全会場分を集約しています。拾いながらごみの種類と数を確認することで、参加者一人ひとりに気づきをもたらします。
また、その調査結果を活かして、ごみの発生を抑え、ごみのない社会をめざします!
※ICC:International Coastal Clean up

活動2
ライン
意識醸成
河川清掃を通じた、環境保全意識の向上

荒川クリーンエイドでは、様々な主体とのパートナーシップを実現しながら、ごみを通じて、川の自然や川から見えてくる環境問題について考え、市民の環境保全意識を高めることをめざしています。
いい川づくりへの市民参画を推進します。

活動3
ライン

 

荒川は、今

東京の下町を流れる荒川は、1930年に人工的に掘られた放水路ですが、自然のたえまない働きによって、植物が茂り、虫や鳥、魚などの生き物たちにとって貴重なすみかです。
その意外なほどの自然の豊かさは、都会にあっては、とても貴重なものになっています。

荒川

荒川は、今

ヨシの間にはごみが貯まり、生態系への悪影響ははかりしれません。

荒川クリーンエイドの成り立ち

1994年、荒川放水路の通水70周年を記念して、みんなで荒川の一斉清掃をしようと始めたのが荒川クリーンエイドです。
1995年には、地元の団体が中心となって荒川クリーンエイド事務局を受け、市民活動としてスタートしました。
1997年には、任意団体荒川クリーンエイド・フォーラムが発足。
1999年NPO法施行と同時に、NPO法人格を取得して活動を継続しています。

以降、毎年秋を中心に荒川で一斉のごみ拾い・調査を続けています。近年では、荒川の上流から下流まで、年間を通じて約1万人が参加する活動へと広がっています。

  • 活動
  • 活動