【助成事業報告】街なかのごみ定量評価と河川/海洋への流出抑制に向けた社会実装に関する取組活動レポート

【助成事業報告】街なかのごみ定量評価と河川/海洋への流出抑制に向けた社会実装に関する取組

助成期間
2021年4月-2022年3月

目的
海洋ごみの6-9割(個数比)は街ごみ由来といった報告がある。河川/海洋ごみの削減に向け、
これまで定量的な評価がされてこなかった”街なかの植栽”にスポットを当てた現地調査・分析を実施する。
→これらのごみの適切な管理手法について当該調査結果をもとに自治体等に街ごみの効率的な回収手法を提案するとともに、
SNS等で事例発信する。

見込まれる効果
これまで街なかの植栽中に投棄されるごみを定量的に評価しようとする事例はほぼみられず、一見してごみの少ないと思われている国内の街なかの投棄ごみの実態が把握される。

活動内容
1.周辺の土地利用と植栽中のごみの種類と量を国際海岸ごみ調査(ICC)で調べる
→コドラート調査→航空写真で植栽面積から総量を推算する。

2.植栽の手入れの際、人工系ごみは処理費用の関係で業者に放置されるパターンがある。
植栽の生木と人工系ごみを同時回収/処理できる委託費の積算について協議する(自治体等と連携→社会実装)。

3.(株)ピリカと植栽沿いのごみについてアプリ「タカノメ」で画像解析する。
ヒートマップ(ごみが多いほど濃色表示)で出力する。
また、マイクロプラを組成分析し、由来を調べる(例:レジ袋由来等)


マイクロプラスチックの目視抽出


サンプル


結果

Coming soon


付属資料

今後の展開
今後は以下の活動を展開する予定である
Coming soon

助成
本事業はエフピコ環境基金の支援を受けて実施しました。