荒川クリーンエイド・フォーラムについて

6つの活動

6つの活動

NPO法人荒川クリーンエイド・フォーラムでは、調べるごみ拾いを中心に、様々な活動を実施し、総合的に荒川の環境を考え、市民の意識の向上をはかっています。

1. 荒川クリーンエイド

調べるごみ拾いはその種類と数を確認することで、参加者一人ひとりに気づきをもたらします。 調査結果を活かして、ごみの発生をおさえ、ごみのない社会を目指します。

2. 生物多様性の保全

市民が自然を利用し管理しながら様々な生物種を戻していく『里川』の創造を念頭に置き活動しています。また、絶滅危惧種(トビハゼ/ヒヌマイトトンボ)の保全活動も展開。これらを通して、市民が荒川の自然を利用・保全していく仕組みづくりに寄与しています。

3. 環境教育

親子向けイベントの開催や、小中学校の総合学習支援、指導者育成講座の開催などを通じて、子どもたちの水辺の学習を支援。
また、企業の社員を対象とした環境教育支援も行っています。自然環境や河川/海洋ごみ問題をテーマとした研修プログラムの企画・運営をしています。

4. 水質調査

6月に全国で実施される「身近な水環境の全国一斉調査」に参加し、市民の手で川の健全性を調べ、身近な川の水質への関心を高めています。

5. 流域・全国との連携

「源流部での間伐材の運び出し」や中流域で「荒川流域水環境シンポジウム」を共催するなど、上中流の方々と交流しています。 また、JEAN等の環境保護団体、国や自治体と連携して調査・提言活動を行うなど、流域内外のセクターと連携しています。

6. 情報配信

ホームページ、ニュースレター、Eメールニュース、報告集などを通じて活動の状況や成果を社会に発信しています。

私たちが目指すもの

ビジョン・ミッション

ごみ問題と向き合い、
自然とともに生きる社会

『ごみと向き合い 自然とともに生きる社会』が求められている。

2016年1月、政財界の有力者が集う「世界経済フォーラム(WEF)」年次総会(ダボス会議)にて、各国が相当に積極的なリサイクル政策を導入しない限り、2050年までに海を漂うプラスチックごみの量は魚の量を上回ることが発表されました。現在、海洋に投棄されるプラスチックごみの量は、年間800万トン。ごみ収集車1台が10~30秒に1回、ごみを海洋に投棄している計算になります。2030年には2倍、2050年代には4倍になることが予測されています。
*参考:「海洋及び海洋法に関する国連総会非公式協議(ICP)(16.06.13)」(環境省資料)

mission:ごみ問題と向き合い自然とともに生きる社会 vision:荒川での活動をモデル事例とし、世の中全体のごみ問題解決につなげる

海洋ごみ問題解決には河川ごみの除去から

私たち荒川クリーンエイド・フォーラムは『荒川での活動をモデル事例とし、世の中全体のごみ問題の解決』を目指します。海域に流入するごみの5~8割は陸域由来と言われています。当団体が1994年から培ってきたパートナーシップ構築、河川清掃活動等のknow-howを最大限に活かし、これらの社会問題の解決に向け、まい進していきます。

スタッフが大切にすること「コアバリュー」

  • 泥くさくとも、ひた向きにごみ問題と向き合って多くの人に清掃活動の意義を伝える
  • 参加者に社会の一員としての責任と自覚を再認識してもらえるような、心にも頭にも良い社会貢献の場を提供する
  • 複眼的な視点で物事を捉えられるような機会を提供する
  • ごみ問題を通して大量消費社会から循環型のライフスタイルを提案する
  • 活動の輪を広げるため、変化を恐れず、楽しさとちょっと変なものを創造する
  • 多様なセクターと良好なパートナーシップを築き、ともに社会課題に取り組む
  • 情熱と強い意志、そして三方*よしの考えをもって、環境保全活動にまい進する
  • *三方:売り手(荒川クリーンエイド・フォーラム)、買い手(参画者、連携企業)、世間(世の中、社会)

荒川クリーンエイド・フォーラムの社会的インパクト評価(by パブリックリソース財団)

Panasonicサポートファンドの組織基盤強化を対象とした助成金により、荒川クリーンエイド・フォーラムの組織や社会に対してどの程度のインパクトがあったのかをパブリックリソース財団評価が評価しています。

結果概要

ディスカウントレートを 5 年物の国債の金利(0.05%)と同じと設定した場合、5年間のソーシャルリターンは、4,670,000円のインプット(投資)に対し67,839,861円となり、SROIのレートは13.44倍となりました。 ただし、荒川の川辺がきれいになることによる生物多様性の保全や、クリーンエイド活動に参加した人が環境に配慮した行動を取るようになったことによる環境負荷の低減については、変化の度合いの計測や貨幣価値換算ができないため、インパクトに含まれていません。 そのため、SROIのレートは実質より低く評価されていると言えます。

団体概要

名称 NPO法人 荒川クリーンエイド・フォーラム(特定非営利活動法人 荒川クリーンエイド・フォーラム)
住所 〒132-0033
東京都江戸川区東小松川3-35-13-204 NICハイム船堀
(小松川市民ファーム内)
営業時間 平日9:30~17:30(土日祝日休み)
TEL 03-3654-7240
FAX 03-3654-7256
役員
  • 代表理事 高山 亮 (川の手ファンクラブ)
  • 副代表理事 林 美恵子 (荒川夢クラブ事務局)
  • 副代表理事 星野 由実 (下平井水辺の楽校)
  • 理事 石本 誠 (埼玉県生態系保護協会 戸田・蕨支部長)
  • 理事/事務局長 今村 かずゆき (Counterpart代表/BLUE WALK外部顧問/(認NPO)日本NPOセンター評議員)
  • 理事 鬼平 勝之
  • 理事 藤森 夏幸 (ACF職員)
  • 理事 兼廣 春之 (東京海洋大学名誉教授)
  • 監事 菅谷 輝美 (新河岸川水系水環境連絡会代表)
  • 監事 中嶋 美南子 (下平井水辺の楽校代表)
  • 監事 佐藤 正兵
定款
事業報告
事業計画
決算報告
収支予算

沿革

1994年 荒川クリーンエイド活動開始
1995年 前身である「荒川クリーンエイド事務局」 活動開始
1996年 大滝村(現・秩父市)との交流スタート
世話人会発足
1997年 木根川橋クリーン作戦実施(絶滅危惧種ヒヌマイトトンボを蘇らせることを目指して)
任意団体「荒川クリーンエイド・フォーラム」 結成
1999年 NPO法人荒川クリーンエイド・フォーラム発足 (代表理事 野村圭佑)
2003年 ☆年間参加者1万人を超える!
10周年記念報告会・パーティ開催
2008年 24間テレビ「荒川クリーンエイドアクション」 実施(2012年までの5年間)
2009年 社員研修プログラムスタート
2010年 「マイボトルdeゴミ拾い。」キャンペーンスタート
「里川創造プロジェクト」スタート
☆年間実施100会場を超える!
2011年 日本水大賞「国土交通大臣賞」受賞
2013年 河川ごみをテーマとする全国組織づくり始動
2014年 河川協力団体に指定(国土交通省関東地方整備局)/20周年記念会
2015年 全国川ごみサミット開催
2017年 累計参加者数20万人を突破

表彰

                
2019年 みどりの愛護功労賞国土交通大臣表彰/海ごみゼロアワード グランプリ
2016年 いい川・いい川づくりワークショップ 準グランプリ
2015年 環境省グッドライフアワード「環境と地域づくり」特別賞受賞
2014年 国土交通省荒川下流河川事務所 「大感謝状」授与
2014年 もったいない運動えどがわ 区長賞受賞
2011年 日本水大賞 国土交通大臣賞受賞
2004年 さいたま環境賞・県民大賞受賞

スタッフ紹介

高山亮
たかやま まこと

代表理事

1964年生まれ。2008年に荒川クリーンエイドに初めて参加し、2013年より荒川クリーンエイド・フォーラム理事に就任。2018年より同代表理事。小学校の環境教育支援や震災や豪雨等の災害地への復興支援ボランティア等にも尽力。自然観察指導員(日本自然保護協会)。

今村かずゆき
いまむら かずゆき

事務局長

理事。博士(工学)。生態系に関する調査(砂浜環境・ウミガメ)の他、企業・学校等への環境教育、企業のCSRコンサルティング、東ティモールにおける国際協力、海岸漂着物啓発モデル事業などに尽力。環境NPOの経済的な自立をテーマに地方で環境NPOの専従スタッフが家族をもって生活する術はないかを日々模索中。
2010年より愛知県遠州灘をフィールドにした大学生の環境人財育成にも携わっており、愛知と東京を行ったり来たり。交通費は月8万円!?(涙)
研修などを含め、多いときは年間40回程度の講演活動も。2016年国連環境計画(UNEP)の北西太平洋地域海行動計画(NOWPAP)(於:ロシア スラビヤンカ)に招聘され、事例報告。(認NPO)日本NPOセンター評議員(2019-2020)、命をつなぐプロジェクト構成員(2012~)
受賞:土木学会中部支部優秀研究発表賞(2004)、日本沿岸域学会論文賞(2014)、日本海洋工学会JAMSTEC中西賞(2014)
論文:Google Scholar参照

五十嵐実
いがらし みのる

五十嵐実 愛称は「いがいが」。主にイベント、広報を担当。趣味のサーフィンと海をこよなく愛する。海ごみを減らすために河川ごみ問題に飛び込み、休日も川と海を忙しく行き来している。ビーチクリーン活動の普及啓発を目指す(NPO)湘南クリーンエイドフォーラム代表。

江原春美
えはら はるみ

江原春美 愛称は「はるみ」。主に経理担当。他にも配送その他全般。 週に2-3日出勤しています。

藤森夏幸
ふじもり なつゆき

藤森夏幸 愛称は「ふじも」。クリーンエイド全般に加え、イベント企画等を担当。誠実に皆さまをサポート!チームビルディングに関する講師を担当しています。 公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン 社会人ボランティア。 東京東江戸川ローターアクトクラブ幹事(2019-2020年度)。

星野友紀
ほしの ゆうき

星野友紀 愛称は「とものり」。主に経理と資材の準備・発送を担当。たまに現場にも無理矢理(?)連れて行かれます。 週に2-3日出勤しています。

運営委員

荒川クリーンエイド・フォーラムの運営を支援

石川勉
いしかわ つとむ

クリーンエイドサポートに加え、投網を打つのも得意。

石本誠
いしもと まこと

理事。埼玉県生態系保護協会戸田・蕨支部長。戸田・川口市内などを中心に担当。

鬼平勝之
おにひら まさゆき

理事。清掃活動は筋トレと豪語。イベントの運営サポートから草刈りまで体力勝負はお任せください。

栗林菊夫
くりばやし きくお

いたばし野鳥クラブ会長。荒川の自然はお任せください。

坂倉剛一郎
さかくら ごういちろう

荒川のごみを減らして自然豊かな里川にしたい想いは一番!新たな企画アイデアを出します。

姫野 沙知子
ひめの さちこ

元事務局スタッフとして、イベントや広報企画等をサポート!

林美恵子
はやし みえこ

副代表理事。荒川夢クラブ事務局。主に川口近辺を中心に担当し、埼玉県内で幅広く活動しています。

本田恭介
ほんだ きょうすけ

自然界に出てしまったプラごみをなんとかしたい!誰よりも熱い思いを胸に活動をサポート。

星野由実
ほしの よしみ

副代表理事

荒川クリーンエイド・フォーラム副代表理事。主に環境活動、社員研修など環境学習をサポート。
プロジェクトwildエデュケーター(公園財団)。
プロジェクトWETエデュケーター(河川財団)。

監査

荒川クリーンエイド・フォーラムの運営を厳しく監査

佐藤正兵
さとう しょうへい

佐藤正兵 荒川クリーンエイド活動発足メンバーとして、先駆的活動を担った。
環境再生医2級(認定NPO法人自然環境復元協会)。

菅谷 輝美
すがや てるみ

魚類に詳しい。新河岸川水系水環境連絡会代表。

中嶋 美南子
なかじま みなこ

植物に詳しい。下平井水辺の楽校代表。

主な講演等実績

河川/海洋ごみに関する講演依頼等承ります。
※最近の主な公開可能な実績のみ掲載

マテリアルライフ学会マイクロプラスチックシンポジウム
日本電機工業会(電機・電子4団体生物多様性ワーキングG)実践説明会
Salesforce.com新入社員研修
東レ社会貢献プログラム2019
第23回市民科学研究会2019
フィリップモリスジャパン講演
みなとSDGs vol.2「海洋プラスチック」の問題から、SDGsの統合性を学ぶ
表浜BLUE WALK2019
フォーラム「海ゴミ問題に対してユースは何ができるか?(Youth for the Blue)」~海と日本PROJECT~
CSR-NPO未来交流会2019
日本水産社員研修等2019
RockCorps2019
バリオセキュア新入社員研修2019
日立ビルシステム社員研修2019
日本プラスチック工業連盟講演会2019
東レ×Xylem Japan社会貢献プログラム2019
ミスアース東京/埼玉2019
パタゴニア渋谷店 フィールドデー
日本電機工業会(電機・電子4団体生物多様性ワーキングG)
下諏訪町諏訪湖浄化推進連絡協議会講演2018
フジテレビジョンCSR部活動報告会
東レ社会貢献プログラム2018
表浜BLUE WALK2018
グローバル・コンパクト・ネットワークジャパン環境経営分科会
ママボラン(パーソルホールディングス)ランチ講演会
日本水産社員研修等2018
「足立の環境」シリーズ講座川ごみから海洋汚染を知る
カシオ計算機CSR研修2018 RockCorps2018
バリオセキュア新入社員研修2018
日立ビルシステム社員研修2018
サイボウズ親子で体験!新しい授業WS2018
あきしま環境緑化フェスティバル
Bloomberg L.P.30周年記念事業 20×20 pechakucha night
第16回韓国「江(川)の日」大会金海2017
東レ社会貢献プログラム2017
シニア自然大学(JEEF)2017
表浜BLUE WALK2017
日本水産社会貢献家族交流プログラム2017
プラスチック循環利用協会講演会(2017)
RockCorps2017
バリオセキュア新入社員研修2017
日立ビルシステム社員研修2017
板橋区立リサイクルプラザ2017
LOVE BLUE2016
表浜BLUE WALK2016
NOWPAP2016招聘
日立インフォメーションアカデミートライアル2016
日立ビルシステム社員研修2016

創設者からのメッセージ

 荒川クリーンエイド・フォーラムは、荒川のごみを調べながら拾うことを通じて、自然環境の回復と荒川に集い思いを寄せる人々の交流を作り出してきました。1994年から始まったこの活動に、過去25年間に参加した人は延べ20万人を超え、川に対する関心が広がっています。

気候変動と生物多様性の危機が国際問題となる中で、身近な環境に目を向けその改善に努めることが求められていますが、荒川の自然回復は誰でも参加できる身近な環境問題として注目されています。

荒川にはたくさんの自然があり、首都東京における、かけがえのない水と緑の空間であるとともに、多くの生きものの棲みかや通り道となっています。しかし、水際のヨシ原や河川敷にはたくさんのごみが溜まり、景観として良くないだけでなく、そこに生育・生息する動植物に対しても悪影響を及ぼしています。また、川で発生したごみは海へと流出し、世界の海や島の自然環境をも脅かしています。

ごみは、上流から流れてきたものもあれば、川に来た人が捨てていったものもあります。荒川クリーンエイドではそれらのごみを調べながら拾うことを通じて、どうすれば川のごみをなくすことができるか、市民と一緒に行動し、考えようというコンセプトで続けてきました。参加者一人ひとりが、ごみの発生原因や自然環境への影響について学び、日頃からごみを正しく捨て、さらには、ごみをできるだけ生まない生活を実践するように「気づく」ことによって、ごみを減らそうというものです。

荒川下流部は潮の干満の影響で東京湾の海水が逆流し、真水と海水が混じった汽水(きすい)域です。そして、このような汽水域のヨシ原にしか棲息しない「ヒヌマイトトンボ(環境省:絶滅危惧I類)」という小さなトンボが棲んでいます。荒川においてもヨシ原が減少し、絶滅が心配されています。環境の変化にもっとも弱いヒヌマイトトンボをまもることは、それを取りまく環境全体を保全することにつながっています。

荒川クリーンエイドには、市民団体をはじめ自治体や小中学校・高校、そして、たくさんの企業が社会貢献活動として参加しています。それぞれの団体が実施会場を持ち、参加者を募って河川清掃活動を実施しています。当フォーラムでは各団体による実施会場の調整、広報、ごみ袋等資材の配布、リーダー説明会を行い、集められたごみは、国土交通省荒川下流河川事務所と沿川自治体に回収・処分していただいています。

荒川クリーンエイドは、年間1万人以上が参加していますが、そのうち約4割が小中学生以下の子どもたちです。各学校ではクリーンエイドと併せて川での環境学習も行っており、子どもたちが自然とふれあい、環境を大切にする心を育んでいます。また、企業の皆さんには、社会性やチーム力、課題解決力などを養う社員研修プログラムとしても活用されるようになってきました。

また、当フォーラムでは、 上・中流域の市民や行政・自治体などとの交流を続けてきました。担い手不足によって荒廃が進む源流の森を活性化し、魚の行き交う川を実現するために、私たち下流市民に何ができるでしょうか。荒川流域の健全な水循環 と生態系の回復を目指し、シンポジウムなど流域連携による問題解決の道を探っています。

荒川クリーンエイドは、参加者が、荒川のごみを取り除き、ヨシなどの植物の生育を助け、そこに生息する生き物を元気にし、水をきれいにすることを通じて、生態系を豊かにしようという共通の思いで結ばれています。1994年の活動開始当初に比べれば堆積するごみはかなり減少し、生態系も少しずつ豊かになり、水もきれいになっています。自ら活動に参加することを通じて作り出す「自然と人が共生する社会」を この荒川で実現していきましょう。

創設メンバー 佐藤正兵