クリーンエイドについて

川の自然環境を守り、
自然豊かな荒川を子ども達へ

Clean(きれいにする)+Aid(助ける)

『クリーンエイド』は”クリーン”+”エイド”の造語です。
荒川クリーンエイドは、河川敷の様々な場所で、様々な人たちがごみを拾いながら、河川ごみや水質、自然回復などの問題を考えて、豊かな自然を取り戻そうとする活動です。河川/海洋ごみは社会課題として捉えられています。

年間150会場以上 1.3万人が参加しています

荒川クリーンエイドは、自治体、企業、学校、市民団体など様々な団体が「実施団体」として参加者を募り、秋のクリーンエイド月間を中心に各会場(各地)で主体的にごみ拾いをします。
活動範囲は、上流の秩父市から東京湾の葛西海浜公園東なぎさまで広がり、その数は年間で150会場以上、1.3万人が参加する活動です。

クリーンエイド活動についての説明図

ICCの調べるごみ拾い

各会場で、参加者はごみを数えながら拾います。 集めたごみは沿川自治体や国土交通省荒川河川事務所などと連携して処理をします。集計したデータはNPO法人荒川クリーンエイド・フォーラムが集約しています。ごみの種類と数を見える化することで、参加者一人ひとりに気づきをもたらします。 調査結果は業界団体等との交渉に用いられごみの発生抑制のためのツールとなっています。 ※ICC: International Coastal Clean up

河川清掃を通じた、環境保全意識の向上

荒川クリーンエイドでは、様々な主体とのパートナーシップを実現しながら、ごみを通じて、川の自然や川から見えてくる環境問題について考え、市民の環境保全意識を高めつつ、いい川づくりへの市民参画を推進します。

クリーンエイド活動の成り立ち

クリーンエイド活動の成り立ち

荒川は、今

東京の下町を流れる荒川は、1930年に人工的に掘られた放水路ですが、現在では植物が茂り、虫や鳥、魚などの生き物たちにとって都会の貴重なすみかです。

ところが…

ヨシの間にはごみが貯まり、生態系に何らかの悪影響を及ぼしていると考えられます。

荒川クリーンエイドの成り立ち

荒川クリーンエイドの成り立ち 1994年、荒川放水路の通水70周年を記念して、みんなで荒川の一斉清掃をしようと始めたのが荒川クリーンエイドです。1995年には、地元の団体を中心に荒川クリーンエイド事務局が設立されました。 1997年には、任意団体荒川クリーンエイド・フォーラムが発足。 1999年NPO法施行と同時に、NPO法人格を取得してこれまで活動を継続しています。

秋を中心に開催されていた一斉活動も、2003年以降は、荒川の上流から下流まで、年間を通じて開催されています。

展望-荒川での活動をモデルにごみ問題の解決につなげる

展望

荒川クリーンエイド・フォーラムのミッション

 2050年には海の魚の量より、海洋プラごみの量の方が多くなると言われています。そんな、まったなしの状況で私たちが
目指すのはごみと向き合い 自然とともに生きる社会(詳細はこちら

ミッションの達成、目指す社会像に向けて何をしていくか

  • 調べる:調査することで、河川ごみ漂着・堆積にメカニズムを把握し、効率的な回収活動に活かす。
  • 発生源対策を兼ねた現場活動:自然界に出てしまったごみを海に出る前に川で早期回収。
  •   
  • 伝える:結果を見える化し、課題解決方法を探る。
      

現場活動をきっかけに”その先”を考える

  

  河川/海洋ごみ問題は誰もが関わっている問題。タイヤのくず、洗濯機のマイクロファイバー、
  ちょっと前なら歯磨き粉や洗顔フォームのマイクロビーズetc…
  SDGsの取組でもある本課題は、企業にとってはESG投資(ダイベストメント:投資引き揚げ)の原動力にもなります。
  生活の身近なところにあるプラスチック。現場活動を通して持続可能な社会を考えませんか?
  

開催予定クリーンエイド一覧

【中止】11/16(土)戸田市 戸田橋周辺左岸 <主催:埼玉県生態系保護協会 戸田蕨支部、戸田市道路河川課、荒川夢クラブ>

2019年10月16日

※台風19号の影響により、河川敷でのごみ拾い活動が難しいとの判断から、本活動は中止となりました。 ご予定いただいた皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解の程どうぞよろしくお願いいたします。 【日時】 ※雨天中止 20 […]

詳しく見る

★月1回開催【江戸川区】<主催:川の手FC>

2019年1月05日

■実施団体:川の手ファンクラブ ■日 時 : 詳細は川の手ファンクラブのブログを参照ください。 ■どなたでも気軽にご参加できます。 ■お申込み(担当:たかやま) 参加申込は不要ですがメールや FB川の手ファンクラブ  h […]

詳しく見る