海プラ-マイクロプラアクセ/キーホルダー作成における手順とポイント☆個人・グループの方へ

スターターキット

レターパックにて以下を送付いたします。
内容をご確認ください。
※レジンがくっつきにくい紙をセットしておきます。
※マイクロプラスチックは荒川にて採取したものです。

あると便利な道具

・ピンセット
・ライター(点火棒ライター)→表面をあぶることで気泡をとりのぞけます(火災に注意)
・(マイクロペンチ→キーホルダーパーツの金具を開くのに使う)
・(紙やすり(目の細かいもの)→バリを削るのに用いる。)

手順

  • マイクロプラや貝殻の粉を型枠内に配置する(つまようじやピンセットで微調整)
  • 上からUV硬化レジン液をかける
  • UV光を複数回(1分×5回等)照射する→つまようじでサイドが固まっているかを確認する
    ※表面のベトつきは半日ほどとれません。
    (必要に応じてレジンクリーナーと綿棒でベタつきをぬぐう)
  • 窓際に半日-1日置いて太陽光で硬化を促す
  • ベトつきがないのを確認した後、キーホルダーパーツをセットする
  • ポイント

    ・一度固めてから追いレジンをしない
    ・型枠(シリコン モールド)の底をきれいにしておく(ほこりなどがくっつきやすい)
    ・キーホルダーパーツのセットは天日干し後1日経ってからがGood!