よくある質問企業・団体の方へ

クリーンエイド研修について

Q. どんな対象者に向いたプログラムですか?

A.体感しながら考えて進めていくプログラムです。
そのため、部署ごと、支社ごとなど、普段一緒に仕事をしているチームで行うのに向いています。
また、合併後や新入社員などこれから仕事をしていくチームとの親睦を兼ねたチームビルディングにも向いています。
階層別研修でも多く取り入れられ、役員、管理職、中堅、新人など様々な階層でそれぞれの目的に合わせてアレンジできます。

Q. どのような会社で導入されていますか?

A.金融、保険、ITなどの企業様に多く利用されています。企業規模は、大企業から中小企業まで様々です。

Q. ビデオ、カメラなどで研修を撮影することは可能ですか?

A.もちろんOKです。統合報告書やWebサイトなどでぜひご活用ください。

Q. 検討したいので資料を送ってもらえますか?

A.こちらの資料ページからプログラム資料をダウンロードいただけます。
料金の確認や、詳細のご相談については電話またはフォームよりお問い合わせください。 お問い合わせ

Q. 導入までのプロセスを教えてください。

A.まずはお問合せフォームまたはお電話でご連絡ください。

ご希望内容をヒアリングし、見積もりをお出ししますので、ご検討の後、お申し込みください。貴社に説明にも参りますのでお気軽にご相談ください。

Q. できるだけ早く実施したいのですがすぐ実施できますか?

A.天候や潮汐に因りますが最短でお問合せから2週間程度で実施できます。

Q. 雨が降った場合はどうなりますか?

A.雨が降った場合は中止または延期を推奨しています。
ただし、日程のご都合で難しい場合は荒天プログラムをご用意しています。講話と室内ワークを組み合わせた内容で課題解決能力向上をはかります。詳細はご相談ください。

Q. クリーンエイド活動にはどんな道具が必要ですか?

A.清掃に必要な道具はトングと軍手になります。ごみ袋は国土交通省から支給されます。その他、効率的な運営に必要な道具に関しては個別のレンタル(要実費&費用弁償)も行っております。ご相談ください。

料金・支払いについて

Q. 料金形態について教えてください。

A.道具のレンタルには実費が、スタッフの派遣には費用弁償がそれぞれ発生します。基本的にオーダーメイドになりますので、プログラムの内容や人数により変動します。過去に実施したプログラムの概算例をこちらでご紹介しています。貴社のご要望/予算などをヒアリングした上で、お見積りをいたします。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

Q. どうしてごみ拾いにお金がかかるんですか?

A.皆様が主体となってクリーンエイド活動を行う場合は、無料で実施いただけます。ごみ袋は国土交通省から支給されたものを無料配布しております。
費用弁償は道具の更新や荒川の環境を守る活動やNPOの維持費、河川/海洋ごみ問題の解決に向けて全額使用されます。ご了承ください。

Q. 支払い方法を教えてください。

A.実施後に請求書を送信しますので、記載の口座にお振込み下さい。

Q. 有償サポートのキャンセルは可能ですか。料金が発生しないのは、何日前ですか?

A.キャンセルは可能です。開催日31日前まではキャンセル料は発生いたしませんが、それ以降は発生費用分をご請求させていただきます。あらかじめご了承ください。

個人・グループでご参加の方

Q. 参加料金を教えてください。

A.イベントによって異なります。、イベント会場一覧よりご確認ください。

Q. どうやって申し込んだらいいですか?

A.イベントによっては事前申し込み不要の場合もありますが、詳細はイベント会場一覧よりご確認ください。

Q. 河川敷でごみ拾いって、危なくないですか?

A.危険な場所や危険なごみがあります。安全にクリーンエイドを楽しんでいただくため、参加前に必ずこちらのページをお読みください。

Q. どんな服装でいったらいいですか?

A.履きなれたスニーカー・長袖長ズボンがおすすめです。軍手や帽子もご着用ください。

Q. 友達と一緒に参加できますか?

A.はい^^お誘いあわせの上ご参加ください。
5人以上でご参加の場合は事前申し込み不要の会場でも、ごみ袋等活動資材の準備の都合上、事前にご連絡をお願いします。

Q. 初めての参加で不安です。

A.大丈夫です。ごみを拾ううちに、自然と他の参加者と打ち解けられるのがクリーンエイドの魅力の1つ。一緒に達成感を味わいましょう。

Q. 出会いやときめきはありますか?

A.きれいになった河川敷と、きれいな心をもった参加者との出会いについては保証します!ときめきについては・・・可能性はゼロではありません。ときどき、カニやフナムシにも会えます。。。ときめきよりドキドキです。